FC2ブログ

新潟清酒達人検定 にいがた酒の陣2011 日本酒ランキング市場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |

酒販店オリジナルの清酒登場、差別化図る

県内外の小売店、卸売業者が県内酒造メーカーと提携し、プライベートブランド(PB)やオリジナルの清酒を相次いで売り出している。清酒の消費量が落ち込み、スーパーやコンビニエンスストアなどにも押されて小規模の酒販店が年々減少する中、各店とも独自色を出して清酒の魅力を伝え、新たな需要の掘り起こしに努めている。

 「五年熟成 純米大吟醸 本庄(ほんじょう)基晃(もとあき)」。杜氏(とうじ)の名を冠した酒は多いが、新潟市江南区の酒販店新(あたら)し屋酒店が12月に発売するPB清酒は画家の名が付く。ユーモラスに描いたカッパの直筆画90枚の中から好きな作品を選んでラベルに張ってもらう珍しい商品だ。

 中身にもこだわった。県産の酒米「亀の尾」を40%まで精米し、阿賀町の名水「桂清水」で仕込んだ。越の華酒造(新潟市中央区)による「オール新潟」の熟成酒だ。

 新し屋酒店の塚本重文社長(45)は「おいしい酒がある店だという信用を得ることが目的。ただ売るのではなく、いい酒を発信する役割も担いたい」と話す。

 同区の酒販店、都屋は今年9月、PBの古酒を発売した。酒造メーカーや料理店と提携し、洋食向けのオリジナル清酒の開発も行った。

 同店は「基本的にメーカーの商品をそのまま売るのがベスト」としてPBなどに積極的でなかったが、「希少な古酒を紹介したり、新しい消費の場を提案したりするために」取り組んだという。

 この背景には、清酒消費量の深刻な減少がある。県酒造組合のまとめによると、2007年の清酒出荷量は県内で5万714キロリットル、全国で68万281キロリットル。いずれも10年前の5-7割に落ち込んだ。

 小規模店などでつくる県小売酒販組合連合会の組合員数も、過去10年間で1000店程度減って約3000店となり、「清酒の消費量が減って、既存店がやめ、かなり危機感がある」(塚本社長)との声が上がる。

 消費低迷で商品の差別化を図る動きは、卸売業者にもみられる。酒類総合卸売リョーショクリカー(東京都)は、14日から小黒酒造(新潟市北区)の清酒「玄米小町」を独占で販売する。

 山形県の農家が契約栽培した「ひとめぼれ」「はえぬき」の玄米を100%使用し、リョーショクリカーは「玄米という健康的なイメージで、市場にない」希少性を評価し、取り扱いを決めた。今後も「商品の差別化を図るため、オリジナル商品の取り扱いを増やす」方針だ。



新潟日報2008年11月12日より

【2008/11/12 08:03 】 | ■新商品・限定品 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<早紀江さん揮毫の酒根強い人気 | ホーム | 「選抜朝日山」季節限定で発売>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://niigata365.blog77.fc2.com/tb.php/388-b9a9e087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
■新潟の蔵元サイト■
大洋酒造 / 市島酒造 /菊水酒造 / 金升酒造 / 越つかの酒造 / 白龍酒造 / 越後伝衛門/ 小黒酒造 /越後酒造場/今代司酒造/越の華酒造/塩川酒造/高野酒造/宝山酒造/上原酒造/笹祝酒造/麒麟山酒造/下越酒造/近藤酒造/金鵄盃酒造/加茂錦酒造/マスカガミ/福顔酒造/美の川酒造/ 柏露酒造 /高橋酒造 / 吉乃川/長谷川酒造/お福酒造/恩田酒造/諸橋酒造/住乃井酒造/河忠酒造/朝日酒造/久須美酒造/玉川酒造/原酒造/阿部酒造/石塚酒造/新潟銘醸/高の井酒造/魚沼酒造/松乃井酒造場/八海醸造/青木酒造/高千代酒造/滝沢酒造/津南醸造/白瀧酒造/武蔵野酒造/田中酒造/妙高酒造/竹田酒造店/新潟第一酒造/よしかわ杜氏の郷/渡辺酒造店/君の井酒造/千代の光酒造/鮎正宗酒造/佐渡銘醸/菊波酒造/尾畑酒造/北雪酒造
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。